top of page
  • 行政書士朝永芳枝事務所

建設業許可・経営事項審査電子申請が始まりました

令和5年1月10日(火)より建設業許可や経営事項審査の電子申請の受付が全国的に始まりました。(一部の都道府県では扱っていないところもあります) 長崎県においても開始されています。


GビズIDが必要

建設業許可や経営事項審査の電子申請システム(通称JCIP)を利用するには、GビズIDが必要です。 GビズIDを取得していなくてもJCIPのログイン画面から新規取得できるようになっておりますので、早めに取得しましょう。

↓JCIPのログイン画面 https://prod.jcip.mlit.go.jp/TO/TO00001

電子申請によるメリット

大きなメリットは、やはり印刷物を少なく出来ることでしょうか。 建設業の新規申請などは、正本副本を合わせると膨大な量になり、インクや用紙などが大量に消費されます。電子申請によりこのデメリットがなくなります。


また、添付書類が省略できる可能性があります。法人の登記情報や申請者の納税情報など、各省庁と連携しているので、審査側の方でデータを共有でき、申請者の費用と取得時間の無駄を省けます。 ただし、現時点では、国土交通大臣の許可業者やe-taxの利用者などの制限があるので、まだまだ実用的でない部分があります。 知事許可の場合は、この恩恵を享受できていないようで、残念です。


以上、行政書士朝永芳枝事務所でもオンライン申請が可能です。お問い合わせお待ちしております。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page