• 行政書士朝永芳枝事務所

ドローンの登録が義務化されます

現時点では200g以上の機体を飛行させる場合は、飛行許可を取得する必要があります。令和2年の法改正によって、あらたに100g以上の無人航空機の「機体の登録制度」が創設され、令和4年6月20日から無人航空機の登録が義務化されました。

登録しないとどうなるの?

令和4年6月20日以降、登録をしないで無人航空機を飛行させた場合は、50万円以下の罰金か1年以下の懲役を科される可能性があります。(見込み)


ドローン登録システム

令和3年12月20日から下記のサイトで事前登録ができます。 https://www.dips-reg.mlit.go.jp/drs/top/init 義務化(令和4年6月20日)前に登録をすると、リモートIDの搭載義務がありません。 オンラインでも郵送でも出来ますので、義務化前の登録をお勧めしております。


リモートIDって?

国土交通省のQ&Aには、「登録情報を含む機体識別情報を遠隔発信する機器。登録記号を表示するために必要な機器」とあります。 高い位置を飛んでいる機体を直接確認できないので、遠隔地から認証をうけた機体かどうか確認するためのものという感じです。 リモートIDに対応していない機体には、外付け用も販売されるみたいです。DJI製品はソフトウェアで対応できる可能性があるので期待したいところですね。


早めの登録をしましょう

まだまだバッチリ整った感が無いシステムではありますが(失礼ですねっ)それでも、リモートIDの搭載義務が無いので慌てて外付け機器を購入したりすることが免れそうです。ぜひ早めの事前登録をしましょう。 登録には郵送やオンラインもありますが、個人でしたらマイナンバーカード、法人でしたらgBizIDを使用してオンライン申請すると手数料が1,500円もお安くなりますのでお持ちの方は、是非活用してください。 詳しくはコチラの国土交通省のサイトへ。



閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示